HIKVISIONサイバーセキュリティ白書の発表

bcef3446-88b3-4bab-8f0b-9c9e983d6c9f
世界的なIoTソリューション提供会社であるHIKVISIONは今日、セキュリティ業界の教育リソースとして設計されたサイバーセキュリティ白書を発表しました。

HIKVISIONは、産業のグローバルリーダーたちがサイバーセキュリティリスクを理解してIoT業界のセキュリティ課題を解決するための措置を取ることが重要だと伝えました。

ビンワン(Bin Wang)、HIKVISIONネットワーク情報セキュリティ研究所の最高責任者は”セキュリティ防犯産業はもともと社説ネットワークで運営されているアナログ技術へのゾーンしました。 その当時、セキュリティ業界は製品コスト、性能や使用便宜性に主力しました。 しかし、業界がアナログからネットに移行しつつ、私たちはデジタルとネットワーク革命がセキュリティ産業にもたらす長所を見ました。 しかし、私たちはまた、インターネットでセキュリティ産業で、様々な種類の悪意的サイバーセキュリティ攻撃が広がるのを目撃しました。”と伝えました。

HIKVISIONのサイバーセキュリティ白書は、事物インターネットとセキュリティ業界のネットワーク及び情報セキュリティに対する現在防犯脅威を説明します。 製品セキュリティライフサイクルと調査を通じてユーザーデータを包括的な方式で保護して共通的なサイバー脅威から資産を保護する方法を探求します。
HIKVISIONは国際的に認められているサイバーセキュリティ標準と模範事例を支援して支援して遵守する役割をしながら、ネットワーク防御能力を高めるための業界研究活動を積極的に支援しています。 また、顧客と使用者がのHIKVISIONのサイバーセキュリティを評価できるように開放的で透明な方法を使用して問題を改善するために奔走しています。
HIKVISIONのCEOヤンゾン・フ(Yangzhong Hu)は”サイバーセキュリティは、製品製造会社の責任だけでなく、使用者、システム統合者、運営者、システム設計者及びその他のサービス提供会社を含めてプロジェクトライフサイクル全般にわたって参加するすべての人々は、サイバーセキュリティ防犯模範事例を使用する責任があります。

この問題に対する解決策は30%の技術と70%の管理です。 サイバーセキュリティ問題は常に存在するため、我々はいつも警戒を緩めずに、セキュリティを改善するために努力します。”と言いました。

サイバーセキュリティ白書ダウンロード : Download