ストレージ部門でも1位を記録したHIKVISION

b6509553-65cc-4553-82c3-183e0f6ce0b2

革新的な統合映像監視製品及びソリューションの世界的な供給業者であるHIKVISIONはIHS最新報告書によると、2016年映像監視市場で使用されたSAN、NAS.外装DASストレージの最大供給業者であり22.1%の市場シェアを占めたと発表された。

キーンヤオ(Keen Yao)HIKVISION国際事業センターVPは「HIKVISIONが企業向けストレージ部門で最高の企業に選定されたのは今回が初めてです。 これは、映像セキュリティ市場で我々が収めた成功を見せてくれます。 特に、都市全体に設置される大規模プロジェクトにも成功しました。」と話した。

「我々の顧客がエンドユーザーのビジネスを活性化するため、セキュリティデータの採択を重要視する為、企業用データストレージのデータセンターの要求のソリューションへの接近方式がどんどん重要な部分になっています。」

また彼は、顧客の需要が増加することによって、ストレージ容量も増加していると説明しました。 例えばリテール顧客は映像を通じてお客様のパターンと好感度はもちろん、職員の成果を把握して店の運営と管理を向上させることができて、市の関係者は映像を利用して、交通を分析して混雑を減らし、商取引を増加させることができます。

データ保存時間も増加しています。 規制要件によって多くの会社と政府関係者はセキュリティデータをより長く保管しており、これによって、社会基盤施設のストレージに対する需要がさらに増えています。

HIKVISIONは、数年間の技術革新を通じて集約的データ、モジュール化されたデザイン、映像管理、データ安全及び装置管理機能が結合された広範囲なエンタープライズストレージ製品ラインを構築しました。 このような特性は現在まで使用できる最も高性能の機能と安いストレージソリューションを提供して安定性と効率性を高めることができます。
HSマーケット情報に発表した2017年5月Technology Group、Video Surveillance Intelligence Servicと2017年10月の画像セキュリティーレポートに使用されたEnterprise IP Storage Used情報はHIKVISIONの同意がありませんでした。 この結果に対する信頼は第3者の危険負担になります。 詳しい内容はtechnology.ihs.comを通じて確認してください。