HIKVISION ニュース 2018 1月

■ Products & Solutions


スマートリテール、ディープラーニングソリューション

 

1

人工知能(AI)が絶えず拡大される時代にディープラーニングソリューションはまもなくセキュリティ産業の基礎技術になると期待しております。
「ラーニング」技術はより一般化されて拡大、ニーズ化されていくことでしょう。
このような傾向は全ての分野で致命的な部分を守るため、セキュリティの強化に尽力すると思われます。今後、HIKVISIONのディープラーニングアルゴリズムが搭載された3つのカメラモデルが”スマートリテール”業界に導入される予測も考えられます。
HIKVISIONは包括的なCCTV保安を提供して職員とお客様を保護して損失防止を支援するスマートリテールソリューションを開発しました。それだけではなく、スマートリテールソリューションは、ビジネス価値を高めるためのデータ収集及び分析機能を備えています。ディープラーニング技術の恵みを与えられるリテールの支援をための三つのインテリジェント機能にはお客様のトラフィックやボリュームを追跡する「ピープルカウンティング」、ショッピング地域における商品の人気を把握するための「ヒットマップ」、待ち状態をリアルタイムにモニタリングする「待機列探知」があります。

 

  • ピープルカウンティング

    電子商取引に比べて伝統的なオフラインの市場においてはお客様の流れを正確に計算できる機能がありません。 HIKVISIONの「デュアルレンズ・ピープルカウンティングカメラ」は正確な顧客数を提供し、お客様の流れを分析し、性能と戦略的計画を評価します。2

 

  • ヒットマップ

    お客様が店舗に入ると、管理者は、顧客が関心のある商品を把握しなければなりません。その前に顧客がどのような経路で動いてどこで止まるのかの情報を得ることが重要です。HIKVISIONのヒットマップ機能を使用したら、店舗は、購入者が特定領域で消費する時間を把握してホットスポットやデッドゾーンを識別して気軽に歩いて通う代わりに特定製品を実際に購入する人たちの数を測定することができます。 3

 

  • 待機列探知

    商品を購入する際、いつも長時間待機することになったら,引き続き待機するか、購入放棄して後に該当の店舗を訪れないようになります。 リテール業界で待機時間は顧客経験に影響を与える最も重要な要素の一つです。 HIKVISIONの待機列感知機能は、店舗のレジ待ちを管理するのに役立つことが期待できます。 あまりにも多くの顧客が待機列に入ると、管理者に、新しいポスレジを開くように迅速に知らせることが可能です。4

 


■Press Releases

HIKVISIONサイバーセキュリティの発表

HIKVISIONは国際的に認められているサイバーセキュリティ標準と模範事例を支援して遵守する役割をしながら、ネットワーク防御能力を向上させるための業界研究活動を積極的に支援しています。 また、顧客と使用者がHIKVISIONのサイバーセキュリティを評価できるように開放的で透明な方法を使用して問題を改善するために奔走しています。

こちら

 

ストレージ部門でも1位を記録したHIKVISION

革新的な統合映像監視製品およびソリューションの世界的な供給業者であるHIKVISIONは2016年映像監視市場で使用されたSAN、NAS.外装DASストレージの最大供給業者にIHS最新報告書によると、22.1%の市場シェア率を占めたと発表しました。

こちら

 

Hikvision to Showcase AI Technologies at Intersec 2018

HIKVISIONはアラブ首長国連邦のドバイで1月21日から23日まで中東最大のセキュリティの展示会のIntersec 2018で最新の革新技術を展示します。 AIは、セキュリティ業界で最もトレンド的な技術になりました。 今年”AI+Empowering Partners”という名の下にHikvisionはAI技術の最新先端技術革新を披露します。

こちら